脱毛のリスクも認識しよう

近年は男性も美意識の高まりからか脱毛する人も増えてきました。
毛深いことにコンプレックスを感じている人や髭を剃るのが面倒といった人ばかりでなく、ファッションのひとつとして脱毛をする人も多くなっています。
以前に比べると手軽で気軽に行えるようになったメンズ脱毛ですが、いくつかリスクもあるのです。

脱毛方法のリスク

最初に、脱毛方法によるリスクです。
「針脱毛」「光脱毛」そして「レーザー脱毛」の3つが主な脱毛方法です。

まず針脱毛は毛穴の一つ一つに針を刺してそこに電気を流し毛根を破壊するやり方ですが、治療中の傷みと電気によるヤケドがリスクに挙げられます。
どちらも必ず起こるわけではありませんが、光脱毛を行なう多くはエステサロンです。
医療機関ではないエステサロンで麻酔の使用は不可ですし、ヤケドをしても治療はできません。
したがって、こういったリスクを抑えたいならば医療機関で施術してもらうことをおすすめします。

光脱毛は出力の弱い光を繰り返して充てて毛根を破壊するので、比較的肌トラブルや痛みが少ないのがメリットです。
ただし、脱毛効果は針脱毛やレーザー脱毛よりも劣りますし、さらにエステでのフラッシュ脱毛はさらに出力が低いので効果があまりないことも珍しくありません。

レーザー脱毛は前述したようなリスクが最も少なくまた脱毛効果も高いのですが、ごくまれに産毛が硬くなったり増えたりすることがあります。
また、費用が最も高くつくのもレーザー脱毛です。

本当に脱毛してもいいの?

そして、一度脱毛すると二度と生えてこなくなることも知っておかなければなりません。
清潔に保つことができるからと陰部の脱毛をする人も増えていますが、みんなで風呂に入った時にカッコが悪い、恋人ができて変だと言われたので「また生やしたい」と思う人もいるようですが、陰部に限らずどの部分でも毛穴の組織が破壊されているので修復はできないことを認識しておく必要があります。

関連する記事