光脱毛のメリット・デメリット

最近は男性もエステサロンや脱毛サロンに通う人も多くなりました。
こういったサロンで脱毛をする場合の施術方法のメインは、光脱毛です。
光脱毛とレーザー脱毛は混同されがちですが、ここでは光脱毛について紹介しておきましょう。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

光脱毛とは脱毛したい部分に光を当てて毛のメラニン色素に光を吸収させることで毛根を破壊し脱毛を促進する方法で、フラッシュ脱毛やインテンスパルスライト脱毛と呼ぶサロンもあります。
一方レーザー脱毛は光脱毛と原理は同じですが、光の主力がかなり強いために効果が出やすいというメリットがあります。
ただレーザー脱毛は医療というカテゴリーになるために美容皮膚科といったクリニックでしか施術できず、一般のエステサロンや脱毛サロンでは扱うことができません。

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットとして、レーザー脱毛よりも1回当たりの費用が安く済む点が挙げられます。
また、光の出力が弱いので施術中の傷みや肌トラブルが起きにくいのもメリットです。
脱毛の際に毛穴が引き締まることで肌がきめ細かくなるという美肌効果もあります。
光の出力が弱いために広範囲に照射しても肌に掛かる負担が少ないので、施術に掛かる時間が短縮できる点も利点といえるでしょう。

光脱毛のデメリット

このようなメリットに対して、デメリットもあることは認識しておきましょう。
まず、光の出力が弱いということは脱毛効果が低いといえます。
したがって、レーザー脱毛よりも施術回数や頻度が増えることにつながります。
さらに、時間の経過により処理した部分でも産毛が生えてくる可能性も否定できません。
その他にも日焼けをしていたなら肌トラブルの危険性があったり、光脱毛の施術中は日焼けNGだったりといった注意点もあります。
アトピー性皮膚炎などの肌の弱い人も肌トラブルの可能性があるので、事前に医師に相談するなどの対策が必要です。

関連する記事