レーザー脱毛とは?

最近は脱毛エステに通う男性も増えているようです。
脱毛の方法は、主に針脱毛と光脱毛、そしてレーザー脱毛の3つですが、この中で最も脱毛効果の高いものはレーザー脱毛とされています。
ここでは、そんなレーザー脱毛について紹介してみたいと思います。

レーザー脱毛のしくみ

レーザー脱毛で使用するレーザー光線は特定の色や物質に反応するのですが、どの色や物質に反応するかはレーザーの波長によって異なります。
この特性を生かした脱毛方法がレーザー脱毛です。
レーザー脱毛で使用するレーザーは「黒色」に反応する波長のものなので、毛に含まれるメラニン色素の黒色をターゲットにしてその熱エネルギーで毛根を破壊して脱毛するというメカニズムです。
皮膚にもメラニン色素はありますが、毛根ほど色が濃くないのですぐに放熱してダメージを与えることは少ないのです。
毛根が破壊された毛穴からは毛が生えることはありません。

ただしこのレーザーは黒色に反応するために、乳首の周りや性器、肛門回りなど色素沈着が大きい場所はそこがターゲットになる危険性があるので使用に適していないことを認識しましょう。

現在最も効果的な施術法

レーザー脱毛における1回の照射面積は直径1〜1.5センチ程度と大きくありませんが、1分間に60〜120回も連続して照射できるので短時間で脱毛処理が可能である点もメリットです。
膝下全部の施術でも、30〜60分程度で終わることができます。
また脱毛効果の継続はほとんどの人が半年から1年以上にわたって再発毛が抑制されていると感じていることから、十分な脱毛効果が期待できます。
とはいえ部位や年齢、さらには個人差もあるので一概には言えませんが、現時点の脱毛施術においてはレーザー脱毛が最も効果的だといえるでしょう。

関連する記事